SSブログ
前の20件 | -

マルチオペレータ・リモート運用の記念局と QSO [VHF/UHF]

 日曜日に記念局と 2m CW で QSO が出来ました。

この記念局、なにがスゴイって、マルチオペレータ・リモート運用なんです。
詳細はこちらです。

この構成図を見ると、間にネットワークが入っていますけど、オペレーションで遅延を感じる事はありませんでした。ビックリ (◎_◎;)。
FzctNFZakAA0HLy.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FT-991A メインファームウエア を V2.07 にアップデート [HF]

 FT-991A メインファームウエア を V2.07 にアップデートしてみました。

アップデート内容はこちらを。

MAIN ファームウェアのバージョンが 2.04 から 2.07 になりました。
GQwDcyHbYAEeJre.jpg
GQwDcxvbMAArTmp.jpg

メモとして手順を書いておきます。
まず、Microsoft .NET Framework 3.5 をインストールしておきます。その後で「書き込みツール YFSW024」を起動して、ファームウェアを書き込みます。

1.Microsoft .NET Framework 3.5 のインストール
前回のアップデートがだいぶ前で、その間に PC が新しくなっているので、再度、インストールしました。
コントロールパネルから「プログラム」-「プログラムと機能」を開き、「Windows の機能の有効化または無効化」を開き、Microsoft .NET Framework 3.5 にチェックを入れます。
1-dot-Net.jpg
「OK」をクリックします。
すると、必要なファイルのダウンロードが始まります。
2-.jpg
ダウンロードが終わると、変更が適用されます。
3-.jpg
完了のメッセージが出たら、完了です。
4-.jpg

2.ファームウェアの書き込み
書き込みツール YFSW024 を起動します。
5-.jpg
使用するポートをデバイスマネージャーで確認します。
6-.jpg
「Configure」をクリックして、ポートを選びます。ここでは CAT のため、Enhanceed を選びます。
7-.jpg
「WRITE」をクリックして、書き込みを始めます。
8-.jpg
書き込みが完了すると、「OK」のダイアログボックスが出て完了です。
9-.jpg

書き込みが終わると、リセットが入るので、設定から始めないと元の環境になりません。
設定の変更をメモリーできると便利なのですが、FT-991A にはありません。残念。
FTDX10 にはあるんですけどね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FT-991A用 メインファームウエア アップデート V2.07 [HF]

 Groups.io の FT-991A グループで話題になっていた MAIN V2.07 のアップデートが日本版でもリリースされました。

八重洲のサイトはこちらです。

ファイル名は、FT-991A_MAIN_V0207.zip です。

アップデート内容は、
主な変更点
・PMS 中に QMB を動作させると表示周波数が変わってしまう現象を修正しました。
・PMS 中の A / B キーの動作を、VFO の A と B 入れ替えに変更しました。
・VOX 送信時に MIC EQ が動作しない現象を修正しました。
・その他、機能改善および最適化を行いました。
です。

Groups.io への書き込みでは、
One more possible improvement I experience with the v2.07 firmware: the audio is much less ( or not at all ) "watery" when DSP is enabled.
Can someone else confirm this?
との指摘があり、それに対して
That depends on the setting you are using for the DSP. I have it set to 9 and I found that one sounds best for me. Other settings sounds more "robotic" or "watery". 73
との返信がありました。

う~ん、"robotic" とか "watery" って、どんな音なんでしょう....

あとでファームウェア・アップデートをしてみようと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FDIM 2024 シンポジウムの動画 [QRP]

 FDIM 2024 シンポジウムの動画が公開されています。

こちらです。

動画は8本あります。
FDIM 2024 - The Construction and Use of a WhosZat by Jack Purdum W8TEE
FDIM 2024 - Top 10 Junkbox Projects by Han Summers G0UPL
FDIM 2024 - zBitx - Bringing CW into the 21st Century by Asher Farhan VU2ESE
FDIM 2024 - Adventures of a QRP Evangelist by Cliff Batson N4CCB
FDIM 2024 - Amplifying Your Adventures, Minimizing Your Power by Thomas Witherspoon K4SWL
FDIM 2024 - Designing the Elecraft KH1 - From Vision to Reality by Wayne Burdick N6KR
FDIM 2024 - The Amazing Thermionic Valve by Greg Latta AA8V
FDIM 2024 - The Dodecahedron: Time Synchronized Morse via CCW and QRSS by Reg Beardsley
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FDIM2024 LOGIC IC TRANSMITTER POWER CHALLENGE! の結果が出ました [QRP]

 FDIM2024 LOGIC IC TRANSMITTER POWER CHALLENGE! の結果が Groups.io に出ていました。

FDIM2024 LOGIC IC TRANSMITTER POWER CHALLENGE! についてはこちらに書いています。

優勝者は µSDX のブログでも有名な Barbaros Aseroglu,WB2CBA OM です。
The winner was Barbaros Aseroglu,WB2CBA with 1.8W.

WB2CBA OM によって、こちらにその詳細が公開されています。

74ACT244 を使い、1ポートで水晶発振を行い、残りの 7 ポートで PA を行っています。

なんと絶対最大定格の 7V を越えて、10.4V で 1.88W を出しています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

920MHz帯特定小電力無線局 の電波を見てみる [VHF/UHF]

 ある理由から 920MHz帯特定小電力無線局 の端末を入手しました。

この 920MHz帯特定小電力無線局 では、数秒毎にビーコンを出しています。
ググってみると、その出力は 20mW のようです。
20mW といえば、13dBm です。この信号をスペアナで見てみました。
電波は数秒毎に出ているので、スペアナは Max Hold モードで見ています。
電波ですので、スペアナの入力にハンディ機のアンテナを接続してみています。
2024 05 27 01.jpg
なんかそれらしい信号は捉えられたようです。
変調型式など分かりませんので、電波が出ている事だけの確認です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Audacity で サディスティック・ミカ・バンド の Hot! Menu を取り込んだ [Other]

 今度は、Audacity で サディスティック・ミカ・バンド の Hot! Menu を取り込んでみました。

今度、加藤和彦さんのドキュメンタリー映画が公開されます。

そこで、サディスティック・ミカ・バンドの LP を Audacity で取り込んでみる事にしました。
サディスティック・ミカ・バンドの LP は、「黒船」と「Hot! Menu」を持っていたはずなんですが、「黒船」が見つかりません。

「Hot! Menu」だけ、取り込みました。

次は、New Orleans Rascals の LP を取り込んでみようかと考えています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Maxima を PC にインストールしてみた [Simulation]

 数式処理ソフト Maxima を PC にインストールしてみました。

以前に、スマホには Maxima on Android をインストールしていたのですが、最新の Android には対応しておらず、インストールできません。

また、「シミュレ-ションで学ぶ電磁気学: フリ-の「数式」「数値処理」ソフト「Maxima」を活用! (I/O BOOKS)」なる本を買ってしまったので、Maxima が使えないとこの本の内容を試せません。

この本を買ったのは、「電磁現象の「法則」を体験的かつ視覚的に再発見!」という帯の説明に惹かれたからです。

パッケージをダウンロードして、GUI を動かし、本のサンプルを打ち込んでみました。
2-.jpg

ここで使っている wxMaxima は、24.05.0 というバージョンで最新版です。
パッケージに含まれていた wxMaxima は、古いバージョンでアップデートが指示されます。
そこでアップデートしたのですが、パッケージ版と異なり、別にインストールされたため、起動時にエラーが出ます。無視しても使えるのですが、気持ち悪いので「設定」の内容を変更しました。
変更した個所は、Maxima 本体の場所の指定です。
3-.jpg

これからちょっとずつ本を見ながら数式処理システムに触ってみようと思います。
途中で挫けそうですが....
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TEMU Gooseneck CS タクティカルアンテナ を RigExpert AA-650 Zoom で測ってみた [Antenna]

 TEMU Gooseneck CS タクティカルアンテナ を RigExpert AA-650 Zoom で測ってみました。

〔測定風景〕
AA-650 に N - SMA-P(M) の変換コネクタを付けて、アンテナを取り付けています。
GNk6f-IbwAAyVUT.jpg
測定は AA-650 本体を手に持って測っています。

〔測定結果〕
広帯域
GNk6gAkagAAPTZt.jpg
エアバンドの受信用に使えそうな感じです。

144MHz
GNk6gDdbsAAZ9hE.jpg
ちょっと使うには苦しい特性です。

430MHz
GNk6gFGbEAAx87H.jpg
こちらも同様。

アマチュアバンドというより、V / UHF の受信用でしょうか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TEMU でお買い物 [Other]

 最近話題の TEMU でお買い物をしてみました。

買ったのはこれです。
Gooseneck CS タクティカルアンテナ
1-.jpg
説明には
デュアルバンド VHF UHF 136-174mhz 400-520mhz ハムラジオアンテナ Kenwood Baofeng UV-5R BF-F8HP UV-82 BF-888S UV-5X3 UV-9R ハンドヘルド二方向ラジオと互換性があります
となっています。
ベースのコネクタが合っていないので、変換コネクタの到着待ちです。
変換コネクタが届いたら試してみようと思います。

タクティカルMolleラジオウォーキートーキーポーチ
1-.jpg
ハンディ機を保護するのに良いのかなと思って買いました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

100均でスマホ用レンズを買う [Other]

 100均でスマホ用レンズを買いました。

これです。
GNHXiyjbkAAhdFC.jpg

〔撮影画像〕
コイン電池
GNHXix1bcAAnlH8.jpg
チップ部品
GNHXi8pa0AAcekc.jpg
SMD の IC
GNHXi0PaEAAhJNq.jpg

マクロレンズを使って撮ると、かなり拡大されます。しかし、かなり接近しないとピントが合いません。照明が難しくて使いにくいのが難点です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日は秋葉原で AKC のこどもの日ミーティングに参加 [Other]

 今日は秋葉原で AKC のこどもの日ミーティングに参加してきました。

これは AKC メンバーの方が作られた丸形 LCD を使ったメーターディスプレイ。
5N.jpg
良く出来ています

何処かに無くした VX-3 の乾電池ケースも買ってきました。
1q-.jpg
電池を入れて
2n.jpg
電源を入れると、dry と表示されました。
3lg.jpg

千石電商でろうそく LED キットを購入。
4k.jpg
これはリグの安定化電源を切り忘れるので、そのパイロットランプとして購入しました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CQ Magazine Publisher Dick Ross, K2MGA, SK [Other]

 悲しいニュースが続きます。U.S. CQ 誌の発行人、Dick Ross, K2MGA 氏が亡くなりました。

ARRL からのメルマガに載っていました。

U.S. CQ 誌は、昨年の10月号から発行が止まっています。
ARRL でも、問い合わせが寄せられたようで、コメントが出ていました。
Status of CQ Magazine

そして、今度は、発行人、Dick Ross, K2MGA 氏 Silent Key のニュースです。

MFJ に続いて、U.S. CQ 誌も無くなってしますのでしょうか。
寂しい限りです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NIFTY-Serve [Other]

 ついに NIFTY-Serve を解約しました。

パソコン通信は Macintosh Plus から始めました。

大学の時に TK-80 を買い、Intel 8080 のプログラムを始めました。そのあと、大学を出て会社に入り、最初のボーナスで PC-8001 を買いました。まだパソコン通信は始まっていない頃です。
その後、会社で PCB CAD を動かしていた Apollo Computer のビットマップ・ディスプレイ、マウス操作に驚き、それを個人で買えるレベルにした Macintosh に感動しました。

とっても高かった Macintosh Plus を手に入れ、使い始めると、情報の入手の問題にぶつかります。
まだ Internet はなく、パソコン通信は CompuServe が幅を利かせていました。
CompuServe にアクセスするのに、日本からでは NIFTY-Serve 経由が通信コスト的には安かったので、NIFTY-Serve を使い始めました。

この時期、通信は MODEM 経由の電話線です。パソコン通信は、日経MIX、NIFTY-Serve、PC-VAN などが台頭してきた頃です。

時代が Internet になっても、そのまま NIFTY-Serve のメールアドレスを残していました。
それも潮時になってきたので、今回、解約しました。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SteppIR 2 ele の SWR を測定してみました (2024-04-30版) [Antenna]

 SteppIR 2 ele の SWR 測定、2024-04-30版です。

前にも RigExpert AA-520 で測定していますが、今回は RigExpert AA-650 Zoom で測定しています。

〔7MHz〕
バンドを選択すると、デフォルトではこの周波数が設定されます。
20240430_134710_shr.JPG
その時の SWR です。
20240430_134724_shr.JPG
設定した周波数に対し、SWR が最小になる周波数が 58kHz 程 低くなっています。

試しに設定周波数を 100kHz 下げてみました。
20240430_134952_shr.JPG
やはり、SWR が最小になる周波数が 56kHz 程 ずれています。
20240430_135003_shr.JPG

これはコントローラーの再設定が必要そうです。

〔10MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_134827_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が 28kHz 程、高くなっています。
20240430_134903_shr.JPG

〔14MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_135102_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が 36kHz 程、低くなっています。
20240430_135111_shr.JPG

〔18MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_135157_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が合っています。
20240430_135205_shr.JPG

〔21MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_135240_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が 12kHz 程、低くなっています。これぐらいの違いなら問題なさそうです。
20240430_135250_shr.JPG

〔24MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_135323_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が 66kHz 程、低くなっています。
20240430_135330_shr.JPG

〔28MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_135417_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が 150kHz 程、低くなっています。
20240430_135425_shr.JPG

〔50MHz〕
デフォルトの周波数です。
20240430_135549_shr.JPG
こちらは SWR が最小になる周波数が 200kHz 程、高くなっています。
20240430_135557_shr.JPG

どうやら SteppIR の可動するエレメントとコントローラーの設定にズレが出ているようです。
エレメントはステッピングモーターで駆動されているので、エレメントの駆動される穴とステッピングモーターの嚙み合わせに狂いが出ているようです。もし、穴がバカになっているのだとしたら、再現性の問題も起きそうです。
あとでバンド毎の設定を繰り返して、再現性があるかを確認してみます。
再現性があるなら、コントローラーの補正値設定機能があった筈なので、バンド毎の補正値を設定してみようと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ルーフタワーのメンテナンス [Antenna]

 今年も台風が予測されるので、タワーを設置してもらった会社にルーフタワーのメンテナンスをしてもらいました。

気候変動の影響で年々台風が強力になっています。
また、2017年にルーフタワーのメンテナンスをしてもらってから7年も経っています。そこで、再度、ルーフタワーのメンテナンスと SteppIR 2 ele の同軸ケーブル交換をしてもらいました。

メンテナンスの結果、ルーフタワーには問題がなく、ステーワイヤーの交換もなくて済みました。

これで今年の台風シーズンを乗り越えられると良いな思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Audacity で取り込んだレコードを分割して出力してみた [Other]

 Audacity で取り込んだレコードのデータを自動で分割してエクスポートしてみました。

これで、LP を取り込んでも、簡単に楽曲毎にファイルを作れます。
まず、楽曲のあたまにラベルを付けます。
ラベルを付けたいところにカーソルを動かし、Ctrl + B を押して、ラベルを挿入します。
ラベルには曲のタイトルを付けておきます。
ラベルの挿入.jpg

メニューから「オーディオをエクスポート…」を選びます。
オーディオをエクスポート.jpg

オーディオをエクスポート ダイアログボックスで
オーディオエクスポート設定.jpg
ファイル分割基準をラベルにし、ファイルの命名でラベル/トラック名の使用を選び、エクスポートをクリックします。
すると、フォルダーに分割されたオーディオファイルが生成されます。

これで昔聞いていたレコードを PC に取り込んでいこうと思います。

今のところ取り込んだのは「ディープ・リバー・ボーイズ (Deep River Boys)」の SP 盤 2枚です。
・Nobody Knows The Trouble I see
・The Deep River
・The House of The Rising Sun
・Go Down Moses
・Sometimes I Fell Like A Motherless Child
・Down by The Riverside

これらは中学生の時にトランジスタ・アンプを作り、その音出しの為に初めて買ったレコードです。
小遣いが足りなくて、LP 盤は買えず、SP 盤を買って何度も聞いていました。
なぜ「ディープ・リバー・ボーイズ」を買ったかというと、「朝日のあたる家」を聴ける一番安いレコードだったからです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Audacity で古いレコードを PC に取り込んだ [Other]

 備忘録として書いておきます。

オーディオテクニカのサウンドバーガーを購入して、古いレコードを聴いています。
branch_3388_image_0.jpg
そこで、レコードが擦り減らないように PC に取り込んでみる事にしました。

それには PC に録音機能が必要ですが、ハイレゾで録音できる機器がありません。フリマで Sound Blaster の USB 機器が安く出ていたので、購入してみました。
買ったのは「Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2」です。
b00huh9riw.jpg
無線用 PC に接続したところ、問題なく認識され、使えるようになりました。

次に、大きい HDD を積んだ無線用 PC に Audacity をインストールしてレコードの取り込みを行いました。
最初 うまく録音できず、いろいろ設定を変えてみて、やっと録音できるようになったので、その設定をここに載せておきます。
Audacity_録音設定-2.jpg
「設定」の「システム」でマイク入力のテストで音が出るようになればオーディオ入力は動いています。
次に、Audacity の設定で「ホスト」と「録音」をいじって、Audacity のウィンドウでオーディオ入力レベルが変化するのを確認します。
横行のグラフバーが動いていれば、オーディオ入力はできています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MFJ Bites the Dust [Other]

 皆さん、ネット情報でもう既にご存知でしょうけど、MFJ がビジネスを閉じます。

MFJ の製品は幾つか購入して使わせてもらっているだけに残念です。

サイトからたどれるメッセージです。
https://mailchi.mp/62e24f2ccc99/a-heavy-sad-heart?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTEAAR0HBa03UGjxPcqdX5gJmSfuBz_brX3O6K0U3PsxYQKLEsaibmSaPPiRyTE_aem_AT23N4uIbAnONpyl-HJiMLYel7OBMo9SHuWMm2_fJwqnTT_90tNOyedo0ipUBfqsfC9gKNJY38CXIke70Uy65QRb

Groups.io の投稿に以下の記載がありました。
Their quality has been going down hill over the years. Even so, they had a cheap stuff that could get you on the air on a budget. Hard to forget that…
最後のところ、本当にそう思います。

まぁ、今年80歳になられるそうですから、仕方ないですね。
でも、事業の継承者は見つからなかったのでしょうか。残念です。

今の円安状況ですが、最後に何か買っておこうかとも思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハイブリッド車のアクセサリーコンセントのノイズ確認 [Operation]

 ハイブリッド車のアクセサリーコンセントのノイズを確認してみました。

家の車はハイブリッド車でオプションの AC100V / 1,500W のアクセサリーコンセントを付けています。
このコンセントから無線機の電源を取った時にどの程度ノイズが載るのかを KX3 / PX3 で試してみました。

比較するのはマキタモドキの中華バッテリーとです。

1_n.jpg
マキタ互換のバッテリーに 12V 変換アダプターを付けて電源を供給しています。

その時の受信音です。

醜い写真ですみません。
2_n.jpg
トランクルームの AC アウトレット から定電圧電源の電源を取り、KX3 / PX3 に電源を供給した場合です。

その時の受信音です。

これは隣の軽自動車がエンジンをかけた時のノイズです。

信号がない場合のノイズです。


信号が有る時のノイズです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -