So-net無料ブログ作成

今日は 50MHz で6エリアが良く聞こえていた [VHF/UHF]

 今日、ながらワッチで聞いていたら 50MHz で6エリアが良く聞こえていました。

SSB で沖縄 宜野湾市、九州の局が出ており、パイルアップになっていました。
宜野湾市の局は 59 で聞こえており、九州の局も 57 で聞こえていました。
さっきは CW でも6エリアの信号が 519 で聞こえていました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トリオ TR-1100 を入手 [VHF/UHF]

 性懲りもなく、また TR-1100 を手に入れてしまいました。

今回の機械は程度が良く、付属品、取説も揃っています。
ただ、前の使用者が電池ボックスに受信ブースターを付けているのでオリジナルではありません。
これはそのうちに撤去しようと思います。
電源を繋いで簡単に動作確認をしたところ、FT-991A の信号は受信できていました。
ダミーロードを繋いでの送信確認では、AM、FM ともに 1W 出ています。ただ、変調が浅く、マイク・アンプがうまく動いていないように見えます。送信のキャリブレーションも何とかできました。
ただ、電源投入直後は安定しませんでした。久しぶりの通電と VR にガリが出ているのかもしれません。
DSC07757.JPG
K3NG キーヤー、プリスケーラー、K2 PTT 出力基板のキット化ができたら、いろいろ触ってみたいと思います。
スプリアスを測って、出来たら局免許に追加したいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1200MHz 2/3 λ ヘンテナを試す(その2) [VHF/UHF]

 1200MHz 2/3 λ ヘンテナを試す、その2です。

ローカルの OM さんの協力により、実 QSO をさせていただきました。
丹沢 大山を使った山岳反射での QSO です。
これでアンテナが機能していることが分かったので、コロナの状況が改善したら大山頂上から試してみたいと思います。
なにしろアンテナが小型で持ち運びに便利ですから、移動運用に最適です。
今度、入れ物を探して100均に行ってみよう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1200MHz 2/3 λ ヘンテナを試す [VHF/UHF]

 近くの公園で 1200MHz 2/3 λ ヘンテナを試してみました。

聞こえる局がいなかったので、アナログ・レピーターにアクセスしてみました。
応答があったのは
JP1YGT 1291.50 八王子市高尾町
JP1YGR 1291.38 愛甲郡愛川町
JP1YKC 1291.90 横浜市磯子区峯町
JP1YEH 1292.24 伊勢原市伊勢原
JR1VQ 1292.90 横浜市港南区港南台
JP1YFY 1292.24 船橋市高根台
JP2YDH 1291.70 伊豆市菅引入
の7局でした。

ハンディ機に付属のアンテナと比較したかったのですが、時間がなくて次回に比較をしてみようと思います。
なお、N1201SA で 1290MHz から 1300MHz の SWR を見てみましたが、全範囲で 1.1 以下でした。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JH4VAJ OM が頒布している 1200MHz 2/3 λ ヘンテナを組み立てた [VHF/UHF]

 JH4VAJ OM が頒布している 1200MHz 2/3 λ ヘンテナを組み立てました。

〔組立〕
ワイヤーを伸ばして、添付されている図面に合わせて曲げていきます。
DSC07722.JPG
100均の簡易バイスを使うと楽です。
DSC07723.JPG
曲げとカットができたら、基板に合わせてみます。
DSC07726.JPG
基板にコネクタを逆作用ピンセットで固定し、
DSC07727.JPG
はんだ付けしていきます。
DSC07729.JPG
〔測定〕
完成したアンテナを N1201SA で測定してみます。
DSC07733.JPG
かなり広範囲で SWR が低いです。
DSC07731.JPG
1295MHz での値です。
DSC07732.JPG

次回、DJ-G7 と持ち出して、使ってみようと思います。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1200MHz コーリニア・アンテナの SWR 調整 失敗編 [VHF/UHF]

 先日に引き続き、N1201SA を使って 1200MHz コーリニア・アンテナの SWR 調整を試してみました。

結果、失敗です。
コーリニア・アンテナ本体の SWR 最低点の周波数がかなり低い方にあり、スタブのカットだけでは SWR 最低点の周波数を動かせず、うまく調整できませんでした。他に調整すべき点があるのか、調査不足だったのかもしれません。う~ん、残念です。
DSC_2299-shr.JPG


1200MHz コーリニア・アンテナの SWR を N1201SA で測ってみました
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1200MHz コーリニア・アンテナの SWR を N1201SA で測ってみました [VHF/UHF]

 今度は頂き物の 1200MHz コーリニア・アンテナの SWR を N1201SA で測ってみました。

前回、TG 付きスペアナ、RLB を使って測った結果はこちらです。
1200MHz コーリニア・アンテナの SWR を測ってみました
その際は、アンテナが長いのと、スペアナに繋げる必要があったので、床に置いて測定しました。
今回は細いポールに括り付けて、手持ちで測定しています。そのせいか、前回の測定結果とはかなり異なっています。N1201SA をキャリブレーションして測定しないといけないのですが、この周波数まで来るとオープン、ショート、ロードのキャリブレーション・キット自体が怪しくなります。
でも、参考までにロードぐらいは測ってみないといけないですね。
〔アンテナと N1201SA の取付〕
10_n.jpg
ポールにコーリニア・アンテナと N1201SA をビニールテープで括り付けています。
〔スキャンした結果〕
11_n.jpg
SWR の谷が 1295MHz より下と上に出来ています。
今回はワイヤーカッターを持って来ていなかったので、次回、一番下に付いているスタブの長さをカットして 1295MHz での SWR が下がるように調整してみたいと思います。
〔1295MHz での測定結果〕
12_n.jpg
1295MHz で SWR が 5.7 程あります。
これを上記の調整で下げられると良いのですが、頂いた OM さんとも相談しながら、次回に試してみたいと思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋月の 1200MHz アンテナを N1201SA で測ってみた(その2) [VHF/UHF]

 秋月の 1200MHz アンテナを N1201SA で測ってみた(その2)

今度は移動運用を考えて、ブリキ缶をベースにして測ってみました。
5_n-t.jpg
〔433MHz での測定結果〕
6_n.jpg
SWR が 1.3 で問題なく使えます。
〔1295MHz の測定結果〕
7n.jpg
SWR が 1.5 で使えますが、期待したよりもちょっと悪いですね。
スキャンした結果
8_n.jpg
グラフが脈動しているのは同軸ケーブルの影響のような気がします。
前に別の測定で中華同軸ケーブル単体を測った時にも同様なグラフになった事があります。
この結果を見ると、山に登った際などに金属ベースを使うとそこそこ使えそうな感じです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋月の 1200MHz アンテナを N1201SA で測ってみた [VHF/UHF]

 以前に測定した秋月の 1200MHz アンテナを N1201SA で測ってみました。

前回の記事はこれ。
430MHz でも使える秋月の 1200MHz アンテナ
秋月のこのアンテナが 430MHz でも使えるというので測定してみました。
1200MHz帯ハムバンドアンテナ(BNC) HC-125B
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00060/
今回は N1201SA で 430MHz だけでなく、1200MHz も測ってみました。
〔測定風景〕
車の屋根にマグネットで取り付け、車内で測定。
1_n-t.jpg
〔測定結果〕
400MHz ~ 1400MHz までの特性
2_n.jpg
433MHz の値
3_n.jpg
SWR が 1.7 です。
1295MHz の特性
4_n.jpg
SWR が 1.6 です。
なので、430MHz でも 1200MHz でも問題なく使えそうです。
これ持って、移動で使うには磁性のある缶詰を持って行けば使えるかな。
あとで測ってみよう。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

144 / 28 MHz Transverter ケース付きキットでクリコン部の動作確認をしました [VHF/UHF]

 144 / 28 MHz Transverter ケース付きキットでクリコン部の動作確認をしました。

簡易的にクリコン部が動いているかを確認してみました。
機材は FT-991A と2mトランスバーターを内蔵した KX3 です。
まず、FT-991A でいつも聞こえる2mのキャリヤ信号を受信してみます。
DSC07585.JPG
いつものように聞こえます。
これを KX3 の内蔵2mトランスバーターで聞いてみます。
DSC07587.JPG
同じように聞こえますが、Sメーターの振れは少ないです。
これをクリコンで変換した 28MHz で聞いてみると
DSC07586.JPG
Sメーターの振れは大きいですが、同じように聞こえます。
周波数が微妙に違うのは、局発の周波数が微妙にズレている為です。
局発は、38.6665MHz の水晶を3倍オーバートーンで発振させ、取り出した 115.9995MHz を局発として周波数変換に使っています。本来なら 28.00685MHz で聞こえるはずですが、28.00600MHz で聞こえており、局発が FT-991A に比べて 850Hz 程ずれているようです。率にして 7.3ppm です。
まぁ、この程度のズレなら一般的な企画 ±30ppm に入っているので問題ないレベルだと思います。
KX3 のトランスバーターに比べて、ノイズレベルが高い感じがします。このトランスバーターには、FET 1石の RF Amp が入っており、これのノイズが大きいのかもしれません。

今度は SG を使って感度を調べてみたいと思います。
あと、送信動作の確認もしてみたいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

144 / 28 MHz Transverter ケース付きキットの配線をしました [VHF/UHF]

 144 / 28 MHz Transverter ケース付きキットの配線をしました。

昨年に購入していたのですが、ハムフェアの準備や旅行等が重なり、配線が手付かずでした。
〔配線初め〕
DSC07579.JPG
〔トランジスタに熱伝導材を塗る〕
DSC07580.JPG
〔予備配線をした基板〕
DSC07581.JPG
〔配線終了〕
DSC07582.JPG
ここでテスターで電源・グランドのショートが無いことを確認し、基板と各コネクタの配線が正しくできているか、導通と絶縁の確認をします。
次に電源を繋いで、パワーONでスルーとトランスバーターの切り替えリレーが動作するのを確認しました。PTT端子をショートして、RX/TXの切り替えが出来ているのも確認します。
この後はトランシーバーを接続して、トランスバーターとしての動作を確認する予定です。
〔外観〕
DSC07583.JPG
DSC07584.JPG
パネルはシールがあるので、綺麗です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2m の不思議なノイズ [VHF/UHF]

 昨日、ローカルクラブが中心の CW ロールコールの時に不思議なノイズに悩まされました。

かなりな帯域で強力な信号が出ており、数 MHz の帯域に渡ってレベルの同じ信号が出てきます。
これが数秒から十数秒ぐらい続きます。これが出ると CW でも信号が潰されてしまい、受信できません。
これがノイズが出ている時
DSC07552.JPG
こちらはノイズが出ていない時
DSC07553.JPG
CW のロールコールは CW 割り当ての上の方で実施していましたが、写真に撮ったのは 100kHz 程上にある SSB の割り当ての方で、コンテスト局が出てきているところです。
初めてこのようなノイズに遭遇しましたが、何の信号か良く分かりません。
また出てくるかワッチしてみるしかないですね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2mで出ているキャリア信号 [VHF/UHF]

 今朝、ローカルの CW ロールコールに参加したら、ずっと出ているキャリア信号を見つけました。

DSC07447.JPG
2mバンドのCWエリアでずっと出続けています。
お昼になっても出ています。
どこからの信号なのか、アンテナが無指向性なので分かりません。
家の中に信号源でもあるのかな....
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今朝の6mは小笠原、母島の局が聞こえていました [VHF/UHF]

 今朝の6mは小笠原、母島の局が聞こえていました。

シグナル・レポート57で聞こえていたのですが、移動局の50Wでは拾ってもらえず、諦めました。
アンテナは SteppIR 2 ele で、50MHz に設定し、ビームも向けたのですが、ダメでした。
また、ワッチしてみようと思います。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今朝の6mは沖縄と鹿児島が聞こえていました [VHF/UHF]

 今朝の6mは沖縄と鹿児島が聞こえており、交信できました。

CQ に応答するも拾ってもらえず、信号が上がってきたタイミングで呼んで、鹿児島 曽於市の局と SSB で QSO できました。
CW も信号が聞こえていたのですが、こちらは時間がなくて呼べませんでした。
DSC07426.JPG
これから6mが面白そうです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HeyWhatsThat Path Profiler で丹沢 大山、八溝山、八ヶ岳 赤岳、北アルプス 燕岳を [VHF/UHF]

 今度は、丹沢 大山、八溝山、八ヶ岳 赤岳、北アルプス 燕岳です。

丹沢 大山(範囲を広げています)
丹沢 大山.jpg
八溝山
八溝山.jpg
大山とのパス(大山から八溝山までパスが通っているので、交信できそうです)
八溝山-丹沢 大山 パス.jpg
八ヶ岳 赤岳
赤岳.jpg
北アルプス 燕岳
燕岳.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HeyWhatsThat Path Profiler で檜洞丸、丹沢山、筑波山を見てみました [VHF/UHF]

 今度は、檜洞丸、丹沢山、筑波山です。

檜洞丸
檜洞丸.jpg
丹沢山
丹沢山.jpg
筑波山
筑波山.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HeyWhatsThat Path Profiler で丹沢 大山の電波伝搬範囲を見てみました [VHF/UHF]

 先日の OM さんから新しい使い方を教えていただいたのでやってみました。

テーマは丹沢 大山からの 430MHz 電波伝搬範囲の確認です。
http://www.heywhatsthat.com/ にアクセス
② New panorama タブをクリック
1-new.jpg
③ 見たい場所を検索
1-find.jpg
④ タイトルを入力
1-name.jpg
⑤ Metric をクリック
1-met.jpg
⑥ Elevation を指定(指定しなければ地上高2m)
⑦ Submit をクリック
1-sub.jpg
⑧ しばらく広告が表示され、伝搬範囲が赤で表示される
2.jpg
⑨ Parameters をクリックし、周波数などを指定する
3-p.jpg
⑩ 相手側の地点をクリック
5.jpg
⑪ 指定した地点との伝搬が表示される
6.jpg
7.jpg

登る前にこれを使えばどのくらい電波が届くか分かって便利そうです。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FT3D [VHF/UHF]

 一昨日、八重洲無線からメルマガが届きました。

そこに新製品情報として FT3D が書かれていました。
---- 引用 ----
○新製品情報
 商品名:FT3D
  コンパクトなボディに高精細フルカラータッチ
  パネルディスプレイを搭載し、優れた視認性と
  操作性を実現した、C4FM/FM 144/430MHz
  デュアルバンドデジタルトランシーバー
  ・GPSレシーバ、Bluetoothユニット内蔵
  ・APRS、WIRES-X、バンドスコープ、CAM、録音、
   AMS、AM/FMラジオ受信、2波同時受信対応
 標準価格:59,800円(税抜)
 発売時期:2019年6月予定

yaesuft3dico.jpg
FT2D を持っているので、悩むところですが、様子を見て年末の展示会手当での購入を考えてみようかと....
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

144 / 28 MHz Transverter ケース付きキットを作り始めました [VHF/UHF]

 先日ポチッた 144 / 28 MHz Transverter ケース付きキットが届いたので、作り始めています。

〔届いたもの〕
基板
DSC07363.JPG
部材
DSC07364.JPG
シール
DSC07366.JPG
パネル
DSC07369.JPG
DSC07371.JPG
ケース
DSC07372.JPG
基板の取付穴がありません。

〔部材の取り付け終了〕
基板の取付穴を開けて、部材を組付けました。
DSC07378.JPG
ちょっと基板と電源スイッチ端子までの距離がないので、端子を曲げ加工して配線する予定です。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー